ED外来(1)ED(勃起不全)とは?

EDは広くみられる病気です

EDとは、勃起不全あるいは勃起障害のことで、男性なら多くの人に起こり得る病気です。専門的には、「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。EDについては、性教育の進んだ欧米においても長い問偏見がありました。たとえば、従来使われてきた言い方に“インポテンス”がありますが、性的不能と訳されるこの言葉は、人として本来備わっている能力が失われていることを意味し、こうした悩みをもつ患者さんへの思いやりに欠ける言葉でした。
欧米では、最近、EDという表現が定着しつつあります。このページでも、勃起不全あるいは勃起障害という疾患をあらわす英語Erectile Dysfunctionの頭文字をとって、「ED(イーディー)」と表記します。
最近、日本で行われたEDについての疫学調査の結果によると、日本でも現在、40〜70歳までの男性の半分以上が何らかの原因でEDになっていると考えられています。EDは、誰でもかかり得る、ごくふつうの病気で、しかも治療可能な病気です。

日本人男性のED有病率

日本人男性のED有病率グラフ

(1998年初めに行われた日本人のEDに関する疫学調査結果より)

EDの原因は精神的なものだけではあリません

EDは、ストレスなどの“精神的なもの”とあきらめている方は案外多いものです。たしかに精神的な原因もありますが、その他に血管や神経系などの障害も原因になるようです。たとえば、糖尿病、高血圧症、心臓病などの血管の病気がありますし、うつ病、薬物治療、手術やけがなどもそうです。また、喫煙、飲酒などの生活習慣が、EDの原因になる場合もあります。
EDは、中高年になると増えますが、年齢とは直接的に関係がなく、以上のような原因の結果として起こると考えられています。

EDの主な原因

  1. 糖尿病、高血圧症、心臓病、高脂血症 (陰茎(ベニス)の血管に影響を及ぼし、十分な血液が流入しないため)
  2. 前立腺の手術や脊髄神経のけが・外傷 (中枢神経と陰茎の神経のつながりに影響するため)
  3. EDを引き起こす薬物 (一部の降圧剤やうつ病治療薬などの副作用として)
  4. 喫煙、飲酒、ストレス(これらの生活習慣から)

EDは年齢のせいだけではあリません

中高年になると、EDになる人が増えるのは事実です。これは、高齢になるほど糖尿病、高血圧症、心臓病といったEDを引き起こす病気が多くなったり、さまざまな治療薬を服 用する機会が増えたりするからといえます。つまり、加齢(老化)は、EDの危険因子のひとつになりますが、加齢=EDということではありません。

EDは治療可能な病気です

これまでに真空装置を使ったり、薬剤を陰茎(ペニス)に注射したり、外科的に植え込み手術をするなどの方法がありました。これらのEDの治療法のほとんどは、性的刺激を感じる感じないにかかわらず、勃起を引き起こすものでした。また、カウンセリングや漢方薬の治療で改善する場合もありました。
しかし、最近は勃起の反応を高める経口薬もあり、話題になりました。

性生活のヒント、性生活をよリ健康的に送るためのヒント

健康的な性生活を送るためには、つぎのような生活習慣にも気をつけましょう。

ストレス…×
ストレスや不安な気持ちをもつと、性的刺激を減退させます。心身をリラックスさせる方法を学びましょう。運動、ダンスなど、あなたに適していれば、どんな方法でもかまいません。
運動…
適度な運動は血圧を下げたり、体重を落とすなど、血液循環を改善するのに有効です。
タバコ…×
たばこは、血液循環に悪影響をもたらします。たばこをお吸いでしたら、やめましょう。
お酒…△
アルコールは中枢神経系を抑制するように働きます。気持ちをリラックスさせる効果はありますが、量をすぎると、勃起の機能を妨げることがあるので、控えめにしましょう。
医療法人社団徳仁会 おおあみ泌尿器科
〒299-3235 千葉県大網白里市駒込1482
電話.0475-70-1333 FAX.0475-70-1356