診療の概要

診療時間

平日
(月・火・水・金)
午前
9時〜12時
午後
3時〜6時
土曜日 午前
9時〜12時
午後
2時〜5時
日曜日・祝日・木曜日 休診

前立腺がん

前立腺がんはもともと欧米に多く、日本では欧米の1/10〜1/20といわれ、発生率の低いがんと考えられていました。しかしここ最近日本でも、前立腺がんが急増しており、2020年には肺がん、胃がんと同程度になることが予想されています。
前立腺がんでは、これといった予防法がありません。なによりも大切なのは早期に発見し、早く治療を始めることです。

ED(勃起不全)外来

勃起不全は男性なら多くの人に起こり得るごくふつうの病気で、しかも治療可能な病気です。勃起の反応を高める経口薬等を利用して治療します。

  • ED外来での診察は全て自費診療となります。
  • ED外来で初めてご来院の際には、診査費用として10,000〜20,000円が必要となります。

STI(性感染症)

STI(性感染症)とは、性行為を介して感染する疾患の総称です。男性では淋菌やクラミジアが原因でおこる尿道炎、ウイルスが原因でおこる性器ヘルペスや尖圭コンジローム、その他毛じらみや梅毒などがあります。
淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎は、早期診断、早期治療によって確実に治る病気です。

禁煙外来

喫煙者の70%はニコチン依存症です。タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。このような喫煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。
病気は意志の力だけで治せるものではありません。禁煙成功のために、「お医者さんと禁煙」を始めませんか?

前立腺炎

前立腺がバイ菌などにより炎症を起こし前立腺が腫れて、排尿障害等が生じた状態を前立腺炎といいます。前立腺の炎症である前立腺炎は、老人に起こる前立腺肥大とは異なり、比較的若い人に起こり易い病気です。
治療は抗生剤・抗菌剤、消炎剤、植物製剤、漢方薬等の内服が主になります。

AGA(男性型脱毛症)外来

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。そのままですと徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。
AGAの原因が明らかにされ、内服薬(プロペシア等)が登場したことで、根気よく治療を続ければ抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。

尿路結石症

読んで字のごとく「尿路」に石ができる病気で、その素材は尿に溶けこんでいるカルシウムやシュウ酸、リン酸などです。日本でも食生活の欧米化で本症の頻度は増え続けています。
治療法には、大きく分けて「保存療法」と「侵襲的療法」の2つがあります。つまり、「自排」といって、自然に尿道から結石を排出させる保存療法や「体外衝撃波結石破砕術(ESWL)」と呼ばれる侵襲的治療です。当院では尿路結石症の再発防止も積極的に行っています。この疾患は最近では「生活習慣病」とも呼ばれ、食事内容の管理により結石の再発防止が大変重要です。

血尿精密検査

血尿は一般的に肉眼的血尿と顕微鏡的血尿に分けられます。特に、尿路腫瘍などが疑われる場合は早期に、超音波検査や膀胱鏡などの精密検査が必要な場合があります。

レーザー外来

ニキビ・イボ・ウオノメなどの治療に利用します。ふつうイボ・ウオノメのような小さなものであれば、レーザー光線を0.1秒間、2〜3回当てることで、なくしてしまうことが可能です。
なお、当院では、顔のシミ・ソバカス・ホクロなどの美容整形に関する治療はいたしておりませんので、美容整形外科等のクリニックにお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

爪水虫のパルス療法

ぬり薬は爪に浸透しにくいため、爪の中の水虫菌にまで届きません。そのため、飲み薬が効果的です。
パルス療法でお薬を飲む期間は21日間、お薬を飲まない期間を含めると治療期間は3ヶ月です。

その他の診療内容

泌尿器科

  • 尿路感染症(性病・膀胱炎・腎盂腎炎・前立腺炎)
  • 尿路性器腫瘍
  • 尿失禁外部サイト「排尿トラブル.com」へ
  • 神経因性膀胱(おねしょ等)
  • 男子不妊症・血精液症(精液検査等)
  • 血尿・タンパク尿の精密検査
  • 泌尿器科手術
    ・パイプカット:100,000円(パートナーの承諾書が必要)
    ・尖形コンジローム等
    ※包茎手術は『クリニック津田沼』をおすすめします。(電話:047-478-5505)

皮フ科

  • 皮膚科一般(アトピー性皮膚炎・ニキビ等)
  • ピアス:1箇所:3,000円

お断り
当院は泌尿器科専門診療機関でありますので、小児(未就学)の皮フ科診療は行っておりません。どうぞご理解の程お願いいたします。

一般内科

漢方療法

その他、何なりとお気軽にご相談ください。

医療相談については、患者さんと直接お話をしないと誤解を生む危険があるので、ホームページ上ではお受けしておりません。 御了承下さい。

医療法人社団徳仁会 おおあみ泌尿器科
〒299-3235 千葉県大網白里市駒込1482
電話.0475-70-1333 FAX.0475-70-1356