爪水虫のパルス療法(1)パルス療法とは?

監修

帝京大学医学部 皮膚科
教授 渡辺晋一先生
資料提供:ヤンセンファーマ株式会社

爪水虫には飲み薬が効果的です

ぬり薬は爪に浸透しにくいため、爪の中の水虫菌にまで届きません。そのため、飲み薬が効果的です。爪が生え替わる期間は1年〜1年半とされています。

ぬり薬と飲み薬の比較図

ほかに飲んでいるお薬をチェック

神経機能に作用するお薬
「オーラップ」(成分名:ピモジド)
コレステロールを下げるお薬
「リポバス」など(成分名:シンバスタチン)
睡眠を促すお薬
「ハルシオン」など(成分名:トリアゾラム)
血圧を下げるお薬
「カルブロック」(成分名:アゼルニジピン)
不整脈のお薬
「硫酸キニジン」(成分名:キニジン)
偏頭痛のお薬
「カフェルゴット」(成分名:エルゴタミン)
「ジヒデルゴット」(成分名:ジヒドロエルゴタミン)

爪水虫はパルス療法で直そう

従来は毎日飲む方法でしたが、パルス療法でお薬を飲む期間は合計21日間です。
お薬を1週間飲んで3週間休むことを3回繰り返し、お薬を飲まない期間を含めると治療期間は3ヶ月です。

パルス療法は、お薬を飲む期間と休む期間を守ることで十分な効果が得られますので、飲み方を守って治療しましょう。

医療法人社団徳仁会 おおあみ泌尿器科
〒299-3235 千葉県大網白里市駒込1482
電話.0475-70-1333 FAX.0475-70-1356